30代のコンプレックス研究所

ホルモンを研究しコンプレックスを解消します。

【テストステロン】30代男の悩みは男性ホルモン低下が原因

30代からの男の不調はテストステロン低下が原因

肥満、精力減退、意欲減退、運動能力低下、記憶力低下、集中力低下、発汗作用の乱れ、自律神経の乱れ、うつ病、など・・・・・・

 

 

f:id:hayahiro_fx:20191003220152j:plain

みなさん、歳を取ると色々と体の不調ができますよね。

僕も30歳を過ぎた辺りから体の悩みが出始めました。

肥満、記憶力低下、自律神経の乱れなどに悩んでます。

これらの悩みは全てテストステロンの低下が原因です。

 

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。

20代半ばをピークに徐々に減っていきます。

減少に伴いホルモンバランスが崩れ体に不調が生じていきます。

 

ここではテストステロン30代からの男にとってどれほど大事かを力説したいと思います。

 

 

 

f:id:hayahiro_fx:20191003220411j:plain

テストステロンで筋肉増強

 

テストステロン値が高い男性は筋肉が増えやすいです。

たまーにスポーツ選手がドーピングで引っ掛かりますが、たいていはテストステロンを増やす為の薬などが原因です。

筋肉は消費カロリーが高いですから、筋肉量が多いと肥満になりにくいです。

 

 

テストステロンで精力増強

 

テストステロン値が高い男性はEDになりにくいというデータあります。

男性ホルモンは睾丸で作られます。男性ホルモンの主成分であるテストステロンが
活発に生産されている男性は睾丸の働きが活発と言うことができます。

 

f:id:hayahiro_fx:20191003220750j:plain

テストステロンでイケメンになる

 

テストステロン値が高い男性は精悍な顔つきになります。

これはテストステロン値が高い=戦闘態勢にはいっている状態ですので、

引き締まった顔つきになります。

 

f:id:hayahiro_fx:20191003220854j:plain

テストステロンで記憶力UP

 

テストステロンには脳を活性化させる作用があります。

30代を超えた辺りから急に人の名前が覚えられなくなったと思いませんか?

これテストステロン値が下がっている証拠です。

テストステロン値が低いと記憶力、集中力が落ちてしまいます。

 

f:id:hayahiro_fx:20191003221200j:plain

 

テストステロンで精神疾患予防

 

テストステロン値が高い男性はうつ病などの精神疾患になりにくいというデータがあります。
特に自律神経失調症などによる日常的な倦怠感が続く方はテストステロン値の低下を疑ったほうが良いかもしれません。

 

テストステロンでイライラ解消

 

テストステロン値が高い男性はストレス耐性が強いです。

特にイライラすることが少なくなります。

 

f:id:hayahiro_fx:20191003221329j:plain

テストステロンでモテる

 

テストステロン値が高い男性は女性からモテます。

これは筋肉増強や精力増強などによって子孫繁栄能力が高い男と認定されるからです。
人間も本能によって動かされてますので、男性ホルモンが強い男性に女性が惹かれるのは当然です。

 

テストステロンでコミュニケーション力UP

 

テストステロン値が高いと対人関係でも優位になります。受け身の会話ではく、
積極的な会話をすることが可能になります。

 

 テストステロンで自信みなぎる

 

テストステロン値が高い男性は自分に自信があります。

これは非常に重要で自信があるのでモテたり、コミュニケーション能力が高かったりします。
ほとんどのコンプレックスは自分に自信が持てれば解消することができます。

 

その他にも様々な良い効果がありますが割愛します。

 

30代以降の男の悩みは全てテストステロン低下が原因といっても
過言ではないことがわかって貰えたのではないでしょうか。

 

僕は特に一番最後の自信UP

が一番重要かなーと思いますのでテストステロンUPに励みたいと思います。

 

では次回はテストステロン爆上げの方法をお伝えしたいと思います。

 

皆様の何かのお役に立てれば幸いです。